プラセンタ製剤の開発

「ビタエックス」、「メルスモン」、「ラエンネック」、「プラセントップ」、4つのプラセンタ製剤が開発されていく歴史を振り返ります。

ビタエックス(ビタエックス薬品工業)

大戦末期の1943年、文部省学術部は、極度の食糧不足による、国民ことに妊婦の乳汁分泌不全、新生児の死亡率の高さに憂慮し、全国の国立大学に、高度栄養剤の研究・開発を命じます。

京都大学医学部産婦人科の三林隆吉教授は、霊妙不思議な効力を持つ人間のプラセンタに思いを至らせます。

その後動物実験、臨床試験を繰り返し、高度な特殊栄養剤として学会に発表します。
「ビタエックス」の命名は、生命力を表す「ビタ」と、謎とか不可思議の意を含む「エックス」から来ています。

1955年ビタエックス薬品工業株式会社が発足、乾燥したプラセンタの微粉末と加水分解した原液を主成分とした内服薬を製造販売し、多くの支持を得るに至ります。

メルスモン(メルスモン製薬)

1930年代、ソ連(当時)のフィラトフ博士が、人間のプラセンタの「埋没療法」を提唱しました。
埋没療法とは、皮膚の中に埋め込む治療法です。

フィラトフ博士の学会発表により、日本や中国の医師も大きな影響を受け、わが国でもプラセンタの埋没療法を実践する医師が続出しました。

やがて、埋没療法よりも簡単で安全な方法はないかとの考えから、「メルスモン」という注射薬が出来ます。
そして1956年、メルスモン製薬株式会社が設立され、同年には厚生省から医薬品としての認可を受けます(更年期障害・乳汁分泌不全)。

ラエンネック(現・日本生物製剤)

稗田憲太郎博士は、戦中戦後と満州にとどまり、多くの患者に埋没療法を施します。
その中で最も治療効果が高かったのがプラセンタであることを発見します。

稗田博士は帰国後に、久留米大学の研究チームと協力して、ついに「ラエンネック注射液」に結実させます。
ラエンネックは1959年、肝硬変(後に肝機能障害に拡大)の治療薬として厚生省の認可を受けます。

プラセントップ(スノーデン)

1960年ごろ、臍帯の埋没療法に著効を見出していた乾医院(静岡県清水市)では、「臍帯の有効成分を注射液に出来ないか」という考えに至り、それを明壁義蔵氏が受け入れ、臍帯エキスを注射薬として製品化します。

これをきっかけにスノーデン株式会社が発足し、1977年には、化粧品の原材料として「プラセンタ」を開発します。
さらに1982年、錠剤「プラセントップ」を開発し、一般医薬品として販売します。

スノーデンは現在も、プラセンタ内服薬、プラセンタ化粧品、プラセンタを原料とした健康食品のトップメーカーになっています。

このページの先頭へ