西洋療法 vs プラセンタ療法~アレルギー性疾患(I)アトピー性皮膚炎

I.アトピー性皮膚炎

≪一般的な西洋療法≫

1.ステロイド外用薬

一般的には、ステロイド剤の塗り薬を使うのが主流になっています。
炎症やかゆみに著効があることは、患者さんには体験済みのことでしょう。
しかし、その副作用やリバウンド(使用をやめるとかえって前よりも悪くなる)に疑問符を投げかける人も少なくありません。

ステロイド外用薬には、その強さに段階があり、症状の重さ、部位、年齢などによって使い分けます。
ただ、実際には適正なランクの見極めややめる時期の指導が不十分であるという実態があります。

副作用として、皮膚の萎縮、色素沈着、紫斑、多毛、易感染性、接触性皮膚炎、座瘡様発疹症、副腎不全、糖尿病、胃潰瘍、ムーンフェイスなどがあります。

また、やめる時期を誤るとリバウンドにより悪化することがあります。

2.抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤

かゆみを抑える抗ヒスタミン剤、アレルギー炎症を抑える抗アレルギー剤はいずれも内服薬ですが、眠気、倦怠感、肝機能障害、口渇、薬疹といった副作用が懸念されます。

≪吉田クリニックの療法≫

1.プラセンタで「免疫制御」

吉田クリニックにおいて、アトピー性皮膚炎の治療の中心はプラセンタです。
プラセンタには各種の免疫抑制物質が含まれています。
これらが複合的に働きます。
この「複合的」というところがポイントで、プラセンタはもともと胎児のために働くものなので、その作用は優しく、完全です。

まず副作用がありません。
そしてたくさんの患者さんの肌がきれいによみがえりました。

例えばある20代の女性の場合、顔はもとより全身に症状が広がり、一見して重症でしたが、およそ3ヶ月で目に見えて改善しました。
「恋愛もできない」と泣きだすほど、精神的にも追い詰められていました。
彼女は1~2年後に再発したのですが、以前のようにひどくはなく、「プラセンタがある」という安心感から、精神的にも落ち着いていました。

2.漢方薬

「消風散」、「当帰飲子」、「十味排毒湯」、「治頭瘡一方」、「温経湯」、「四物湯」などを併用することがあります。

3.温泉療法

肌の障害を改善する効果のある温泉は全国にあります。
同様の効果のある入浴剤を勧めることもあります。

このページの先頭へ