プラセンタとは

プラセンタ(placenta)とは胎盤のことです。

胎盤は子宮内に形成され、胎児と臍帯(へその緒)でつながり、まだ胎外に出て一個の人間として生存する能力を持たない胎児の、臓器の代わりをする一種の臓器です。

医療や化粧品に用いられる際の「プラセンタ」は、胎盤から抽出された成長因子(growth factor)やそのほかの栄養素を指します。
医療品としてのプラセンタは、厚生労働省の正式な認可を受けています。

プラセンタの働きとして、次のようなものが報告、確認されています。

免疫賦活作用:病気に対する抵抗力を高める
活性酸素除去作用:活性酸素を除去し、老化を防ぐ
強肝・解毒作用:肝臓の働きを強化する
妊婦の乳汁分泌促進作用:妊婦の乳汁分泌を促進する
抗アレルギー作用:アレルギーを抑える
疲労回復作用:疲労の回復を促す
美肌促進作用:シミ、シワ、ニキビを抑え、美白を促す

また、プラセンタは以下のような部位、症状、分野で効果が確認され、活用されています。

肝臓:脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝炎、ウイルス性肝炎
胃腸:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃下垂、便秘、貧血、糖尿病
婦人科:更年期障害、生理痛、生理不順、冷え性、月経不順
整形外科:関節痛、腰痛、肩こり
アレルギー科:花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎
神経科:不眠症、自律神経失調症、頭痛
その他:免疫力減退、リウマチ、膠原病、放射線障害、風邪、癌、精力減退
視力減退、視野狭窄、白目の濁り、嗅覚減退、味覚減退、耳鳴り、頭痛、アルツハイマー
美容:美白、美肌、シミ、シワ、たるみ

上記のほかにもさまざまの効果効能が報告、確認されています。

プラセンタ医療は、まず副作用がきわめて少ないという大きな特長があり、対症療法的な場つなぎ、間に合わせの医療に警鐘を鳴らす立場にもあります。

現代の医療にはさまざまの問題点があり、プラセンタ療法を上手に取り入れることで、症状を抑えるだけでなく根本的に健康になり幸せに生きる、というテーマに挑戦し続けるのがプラセンタ療法です。

参考文献:
プラセンタ療法と綜合医学(吉田健太郎/たま出版)

このページの先頭へ